panelarrow

三十代のポイント

友人とか知人で二十代後半になっても何にも見つけられない人をたくさん見てるんです。彼女たちを見てると、業が出たり険が出たりしてるのがわかるんですよね。
私の感覚が男つぽいのかもしれないけど、それってすごく醜(みにく) くて嫌なんですよ。もう、三十代になったらカワイイだけじゃ許されない。
でも、男社会の中では仕事ができるってだけでも許されなくなってる。その中で、自分でどういうポジションを作って生きていくかっていうのが三十代のポイントなんだろうなって思う。
でも、それに対する自信が、まだできてないわけです」

別にそれがどうしたと開き直ってしまえば楽なのかもしれない。が、それはしたくない「三十代を過ぎた独身の人たちが開き直って失敗してる例もたくさん見てるんですよ。
開き直りの弊害っていうんですか……。ほかの友だちだって独身だっていう仲間意識が救いになってて、一人結婚するといきなりショック受けて人間関係が崩れたり、本当はそんなこと思ってもいないのに、〃結婚が何よ……〃って言ってみたり、姪っことか甥っことかっていう血のつながりに固執して、妙にかわいがって満足したり……。でもよくよく考えるとそのうしろには自信のなさがあるんじゃないかと思う。それなのに、開き直ることで虚勢張ってるみたいなのは嫌なんです。出会いのチャンスはここにあります。生殖と性との分離は、この意味で、人間レベルでの新しい生殖の原理として、広義の自然法則にかなったものといえるのかもしれません。


参考:xn--k-fbu922ndvglom3iq0ok770a3oi.net

FF158_L

Comments are closed.