panelarrow

結婚相手としての価値

「私、あと一週間で三十歳になるんですよ。よくテレビとかで、二十代と三十代じゃ結婚相手としての価値がぜんぜん違うから、何が何でも二十代のうちに相手を決めとけ……みたいなこというじゃないですか。でも、私の中では、結婚についての年齢的な焦りはあまりないんです。お見合いで条件のいい人を見つけるってわけじゃなければ、結婚って三十代になったって、できるときにはできる気がするんですね。むしろ、女性の存在価値として、三十歳になることにものすごく焦りを感じてる……」八木原真美さんは二十九歳。派遣会社に登録し、今はコンピュータ関係の会社で仕事をしている。「前の彼がパソコンが好きで、その影響でパソコン通信を覚えたんです。パソコンが話す道具になるなんて、私にしたら驚きで、それまで遠かったコンピュータがいきなり自分の身近になりました。それ以来、パソコンにのめり込んで趣味としてマスターしたんです。ひと通りの操作はできるし、仕事をやっていく中でいろいろ覚えもしたけれど、専門の学校にいってコースを終了したというわけではないので、コンピュータができるってことでは食べていけないと思うんです。今はそれなりに暮らせてますけど、今後を考えると不安ではありますね。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→結婚相談所 比較 素敵な出会いを見つけてください。
もう三十歳になろうっていうのに、自分はまだまだいろんな面で子供だと思うし……」童顔に加えて、ミニのフレアースカートにハイソックスといった少女っぽいファッションのせいか、外見からはとても二十九歳には見えない。が、話してみると、妙に三十代という年齢を恐れている。「三十を過ぎると、特殊な存在にならなきゃいけないって気がするんです。たとえば女優の田中美佐子だって、十分魅力的だし、うんと年下の男の子をつかまえたじゃない……っていうけど、彼女は特殊な存在なんですよ。三十を過ぎて女として現役でいるためには、みんながそれと同じ特殊な存在をめざさなきゃいけないような切迫した雰囲気を感じるんです。

FF181_L

結婚を承諾

実際に会ってみると、思ったほどのことは何もなかった。
「彼はギターを持っていって、自分の歌を歌ったんです。そのうちに母が大正琴を始めていて童謡の教則本があったので、そのうちにそれに合わせてみんなで大合唱が始まっちゃ
父も歌が大好きなんですよ。人間的に彼を気に入ってくれて、結婚を承諾してくれました。

今までウソをついてたことも、これからやりたい仕事のこと、彼との人生のことも全部話したんです。
そこまでしなくてもいいって人には言われたけど、これまでのパターンを崩したかった。でも、やってみると簡単なことだったんですよね。
母も籍を入れる前まではウダウダ言ってたけど、今はエールを送ってくれてます。

彼と結婚するってことで、私と親との問題にも彼がいっしょに向き合ってくれて、それによって彼と私も深くなった。私も彼の親と向き合うようにもなった。
二人だけで離島で暮らしてるわけじゃないから、そこでちゃんと向き合うことで、自分もパワフルになって輝ける気がするんです」
今までは一人暮らしだからわずらわしいことは何も話さなかったという。が、彼と結婚するってことで、初めて一人前の大人として親にも周囲にも向き合う気持ちになったのかもしれない。恋愛と結婚は違うところが多いですので、出会いがない 社会人 ←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

☆☆☆コラム☆☆☆
性のメカニズムについて述べるにあたって、見落とすことのできないひとつの機能をさいごにあげておきます。
それは、生殖のメカニズムが、どちらかといえばこどもに関するものであるのに対して、性のそれは、おのれ自身に関するものである、ということからでてくるものです。
つまり、性のメカニズムは、生理的にも精神的にも、性に関与するものに強い影響をもたらすものである、という事実にほかなりません。

FF165_L

三十歳を過ぎた女

男も女もそれなりの存在感の中で生きてるんだから、社会の従軍慰安婦でもいいと私は思います。
女だって女だということでいい思いをしてるんだから、それをトータルすればチャラになる。
そんな社会の中で三十歳を過ぎた女が嫌がられないで生きるには、それなりのポジションを作っていかなきゃいけない気がするんです。
今、あまりにも情報が速くなっちゃってるから、ステロでくくるしかなくなっちゃってる。細くなくちゃ、おっぱいが大きくなくちゃ、スタイルがよくなくちゃ、若くなくちゃ……って。
そういうことを意識しないで生きるには、逆に言えば違うものに対しての価値観を出さなきゃいけないレベルになってる。
普通じゃダメで、特殊な存在にステップアップすることを要求されるだろうなって思う。そのときに、私自身が今何も自信のないことも含めて、すごく不安なんです。

特に、私は二十代のころ、けつこう周りにちやほやされていい思いをしてきたと思う。
仕事の能力だけだったらもっとできる人がいたかもしれないけど、一応コンピュータもこなせるし、若くてちょっとおもしろそうな子だから……ってことで、
社内でかわいがれらたというか、重宝がられたんじゃないかと思う。それが三十代で急にオバサン扱いされたりしたら辛いだろうなって……。
自分がそういうセクハラに耐えられるほど強くないってよくわかってるんですよね。
素敵なパートナーに出会い系 サクラいない で、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

FF173_L

三十代のポイント

友人とか知人で二十代後半になっても何にも見つけられない人をたくさん見てるんです。彼女たちを見てると、業が出たり険が出たりしてるのがわかるんですよね。
私の感覚が男つぽいのかもしれないけど、それってすごく醜(みにく) くて嫌なんですよ。もう、三十代になったらカワイイだけじゃ許されない。
でも、男社会の中では仕事ができるってだけでも許されなくなってる。その中で、自分でどういうポジションを作って生きていくかっていうのが三十代のポイントなんだろうなって思う。
でも、それに対する自信が、まだできてないわけです」

別にそれがどうしたと開き直ってしまえば楽なのかもしれない。が、それはしたくない「三十代を過ぎた独身の人たちが開き直って失敗してる例もたくさん見てるんですよ。
開き直りの弊害っていうんですか……。ほかの友だちだって独身だっていう仲間意識が救いになってて、一人結婚するといきなりショック受けて人間関係が崩れたり、本当はそんなこと思ってもいないのに、〃結婚が何よ……〃って言ってみたり、姪っことか甥っことかっていう血のつながりに固執して、妙にかわいがって満足したり……。でもよくよく考えるとそのうしろには自信のなさがあるんじゃないかと思う。それなのに、開き直ることで虚勢張ってるみたいなのは嫌なんです。出会いのチャンスはここにあります。→結婚相談所 選び方 が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

FF158_L

結婚しない場合

「わずらわしいからって無視するような一生じゃつまらない。今はラクチンです」
なんとなく結婚相手を探し始めて、知り合ったあと、結婚までの期間がたった三ヵ月しかないことで、周囲のバッシングもあるという。
が、二人はまるで不安を感じてはいない。
お互い相手にとってこれだけ理解し合える相手はいないはずだと言い切れるくらいの自信があるからだ。
「今は一般常識すべてと戦っている状態です。これだけ世の中が変わってく時代に、今までのものは通用しないと思う。
私たちがいいと思ってることがいいことだって、自信過剰になってる状態です」結婚にしても、既存のそれにとらわれる気はいっさいないという。

結局、男も女も自分以外の価値に頼らないといけないってことが多いですよね。でも、男は仕事の肩書きや位置するポジションをよりどころにすることができるでしょう。
女は肩書きに頼れない。結婚してたとしたって、ダンナの肩書きの脇にいることを尊んだり、子供の価値に依存したり、ヘタするとボランティアやエコロジーに走ったりってことになっちゃう。それが結婚しない場合は、もっと悲惨だなって思うんですよ」
八木原さんは、東京生まれの東京育ち。親が投機目的で購入したマンションの一室に住んでいる。今もつき合っている彼がいるし、これまでも、常に彼がいたという。だから、世間の常識にのっとって、そろそろ結婚しなくちゃという焦りはない。ただ、女として現役でいたいと思うなら、三十歳という年はボーダーラインだというのだ。八木原さんより十年近く上の私の世代は、三十代がボーダーラインというイメージはあまりなかった。が、ここ十年でそうした感覚がずいぶん変わった感はある。もし、あなたが恋愛向きなら、←ここで将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。

FF162_L

女としての現役

「今は、高校生ですでに女としての現役が始まるんだと思う。そう考えたら、三十歳なんて、とんでもなくオバサンじゃないですか。
きっと三十歳になっても、しばらくは二十六歳とか、うその年を言っちゃう気がする。二十代幻想みたいなものに、まだしばらくとらわれそうな気がします。
私、将来は結婚すると思うんです。たぶん、今つき合ってる彼と……。ただ、ぜんぜん子育てに興味はないし、欲しくもないから、だったらどんなにボケても金に困らない程度にはしときたいなって思う。男に頼るなんて不安じゃないですか。今コマダムにおさまってる人たちだって、いつどうなるかわからないと思うんですよ。絶対裏切らない関係なんてありえない。私だって人を裏切るし、男だって裏切るって思ってる。どうせ、もう生きちゃってるんだから、そんなに苦痛のない死に方をするようにしなくちゃいけないなって気持ちはあります。たとえば四十歳で仕事がなくなるんなら、住むところや蓄えも必要だろうし、六十歳じゃアパートだって借りられないじゃないですか。国の年金なんて出るわけないし、なんか私は年を重ねていくほど重荷を背負うって感覚がどんどん大きくなっています」「私たちにしてみれば、いつか自分たちの目標がかなってちゃんとしてから式を挙げようと思ってたんですけど、父は式は挙げてほしいっていう。父にしてみれば結婚式を挙げることが結婚なんですよね。それはわかったので、三月くらいには式を挙げる予定です」運命の相手に出会えたらとんとん拍子に結婚に向かっていくそうです。そんな相手に巡り合えたら幸せですよね。みんながみんなこんな出会いがあればいいのに・・・。これを読んでいるあなたも素敵な出会いがありますように。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。

FF118_L

結婚は現実

オトコに家事能力を求められるかどうかが分かれ目
結婚は現実で、恋愛は妄想でもできる。基本的に、結婚と恋愛は別もの。だったら、「恋愛向きのオンナと結婚向きのオンナ」の違いは何なのか・・・?
これは、ズバリ「家事能力があるかどうか」なんじゃないのかな。オレだったら、恋愛だけの相手には別に料理ができないオンナでもいい。
でも、結婚を意識するなら、やっぱり家事ができない人じゃ困るよね。
オトコが女性に、「料理できる?」って聞いてきたら、それはオトコが結婚を考えてる証拠だと思うよ。
家事能力以外には、精神的に自立しているかどうか、も大事かな。
恋愛だったら、毎日会うわけじゃないから、かわいく甘えてくれたり、ときにはワガママ言ってくれても、「かわいい奴」と思うかもしれない。
「あの子、あなたの何なの?」みたいなヤキモチも、恋のスパイスになるだろう。でも、結婚だとちょっと話は違ってくる。
毎日の籾み重ねが結婚生活だから、何かにつけて、「あなたぁ、今日は何時に帰ってくるの?」とか、
いちいち携帯に電話をしてきて「今、どこにいるの?早く帰ってきて」とか、
「最近、かまってくれないのね。寂しい」なんて顔を見るたびに言われたら、正直、オトコは参るよ。
二人の時間も大切だけど、自分の時間も大切にできるオンナじゃないと、長い結婚生活は無理だと思うよ。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

DY034_L

主婦にゆだねられていた仕事

不安感をとり除く方法は、もっと別のところに求めるのが賢明です。
わかりきったことですが、できるだけ信頼できる夫をえらぶことが第一ということになるでしょう。
ただ、どんなに夫が信頼できるとおもっても、不安感を全くなくすことはむずかしいことにちがいありません。
夫が家族人であるということも、夫というひとりの人間への信頼だけで、妻の座にあぐらをかくことを許さなくする原因となりうるでしょう。
じつは、妻の心理から不安感を完全にとりのぞく方法は、ただひとつしかないと知るべきです。
それが、不安感の原因である妻の社会的地位すなわち女性の経済的地位を、男性と同じにすることであることは明らかです。
そして、革命的変革でもないかぎり、それがいますぐに実現不可能であることも明らかである以上、
妻ないし妻となるべき女性のとるべき道は、できるかぎり自分自身に経済的能力をそなえるよう努力することだ、ということになります。
ここで、主婦は職業である、といった主張をおこなったり、女性はこどもを生む使命を課せられている、と開きなおったりしても、
おそらく大した効果はないと知るべきです。すでに述べたように、サービス産業と称する第三次産業をはじめとして、
これまで主婦にゆだねられていた仕事は、着々と社会化されつつあり、そのうえ家族は、消費単位としての性格さえ失われようとしているのです。
出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

また、こどもを生むか生まないかは自由であり、結果的にはともかく、
こどもを孕むことはたんに個人的な窓意的なものでしかなくなっているのが現代社会であるということも、すでにくどいほど述べてきたとおりなのですから。
もちろん、現代社会において女性が経済的能力を身につけることは、けっしてなまやさしいことではないかもしれません。
しかし、いつぽう、とくに前述の第三次産業の発達などによって、
この気持になりさえすれば、女性の進出を可能にする道は、かなり開けてきているということもできるのです。

DY044_L

嫉妬の感情

妻の座をおびやかされることへの不安は、さらにしっとの感情となってあらわれることもあります。

しっとがほんらい、独占欲がもたらす感情であることはまえにもいいましたが、このぱあい、独占欲は保身が原因であるということができましょう。
妻の座さえ安定していれば、妻はかならずしも夫を独占しようとはしないことが、それを証明しています。
ただ、多くのばあい、妻は夫を独占することで妻の座をまもろうとする傾向があり、その結果としてしっとがあらわれるのです。
しっとが保身のためであるなら、妾にとっては、これまた当然であるといえるかもしれません。
しかしやしっとは独占欲からくる恐怖であり、夫であろうとだれであろうと、ひとりの人間を独占しようとのぞむことは、
たとえ保身のためであろうと、許されることでないといっておきましょう。しっとが、保身のための独占欲からのものでなく、
たとえ愛情にもとづく独占欲からくるものであろうと、それがまちがった感情であることにかわりはないのです。

しかし、しっとがたとえまちがった感惰であろうと、それがもともと不安感から生じたものであり、
現代社会における女性の経済的地位が妻に不安感をいだかせることになるのなら、それを非難するのもまちがいではないか、という論理も成り立ちそうです。
たしかに、あるていど、そうもいえるかもしれません。ただし、しっとの感情は、たんにまちがった感情というだけでなく、
下等な、病的な感情であり、保身を助けるどころか夫の心をますます妻から離すことを助けるここが多いのだ、という点は忘れるべきでありません。
ここを読んだら、これからここ→で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

DY035_L

メカニズム

ここで、われわれは、ゾウリムシの一種にみられた接合の現象を思いおこすことが必要なようです。ゾウリムシは、接合によって核の一部を交換し合い、再び別れて、分裂増殖する強い生命力を保持することができたのでした。人間は、性のメカニズムのなかに、この接合に類似の機能をみいだしたのです。
ゾウリムシが接合によって核を交換するのに対して、人間は、性のメカニズムによって生理的にはテンション解放感や快感をともなう一種の満足感を交換すると同時に、口腔または生殖器官を通じて体液を交換しあい、その結果として生理的生命の若返りを可能にするだけでなく、性関係によってもたらされる精神的交流による精神的生命力の落返りないし強化をも可能にするのだ、ということができます。素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

生殖と性との分離は、この意味で、人間レベルでの新しい生殖の原理として、広義の自然法則にかなったものといえるのかもしれません。
以上、いろいろと性のメカニズムについて述べてきましたが、生殖も性も何もかもいっしょにして、それらを動物と同じレベルで考え、すべてを本能として一括して平気でいる主張が多すぎる今日、結婚における性と生殖がいかなるメカニズムのもとにあるのか、それをできるだけ明らかにして、まじめな読者の一考を求めたい、と考えたのがその動機でした。生殖のメカニズムも、性のメカニズムも、本質上かならずしも現代の結婚だけに結びついた存在ではありませんが、それらが今日結婚するひとたちにとって、ぜひ知ってもらう必要のある問題であることは事実です。

DY025_L